[特集]7月のTextile

Pocket

会期 : 2017年7月27日(木)~7月31日(月)

時間 : 11:00-20:00(最終日は18:00閉場)

会場 : 渋谷ヒカリエ 8階 8/CUBE 1.2.3.

 

テキスタイルの多彩な色使いや巧みな技術の源流を追いながら過去・現在・未来を紹介いたします。

 

インドのウェストベンガルで製作を行っているアナンダ工房による染と織の世界から「過去」を。

アナンダ工房の藍はインドの工房でタネから育て、収穫し、

泥藍を作って藍建てをして染め上げたものです。

染める技法、織る技法、全てが国を越えて継承されていく

テキスタイルの源流を感じながら、制作活動を続けております。

【アナンダ工房】


大分を拠点とする工房のむらによるアートと言っても過言ではないほど繊細で大胆な裂織の世界からは「現在」を。

伝統的な技法として継承されている裂織を現代のファッションに取り入れた、

工房のむらの新しい装いの世界。

伝統と新発想を織り交ぜたスタイリッシュな創作の数々をご堪能下さい。

【工房のむら】


そして「未来」ではバリ島でアトリエを構え独創的な方法で布づくりを行っているスタジオsunaの吉田はつみの世界を。

子供時代、空き缶で作ったハンドバッグ、葉っぱで編んだ帽子・・・

あの頃の発想が今でも作品作りの原点となっています。

湘南からバリ島にアトリエを移し、

この地で出会えたオリジナルマテリアルとデザインの融合は未来への夢へと続いていきます。

【吉田はつみ/Studio suna】

 

3人のテキスタイルへの思いと夢を感じていただける作品を紹介していきます。